前へ
次へ

中国語の学習で漢字にいろいろな読み方があるか

漢字と言えば元々は中国から伝来してきたとされます。現在日本で使われている漢字のすべてが中国伝来ではなく、伝来したものが変化したものや日本で独自に生まれたものもあります。もちろん中国から来たものがそのまま使われたりします。日本で使われる漢字においては音読みと訓読みでかなりことなり、さらに音読みだけでも複数あったりして複雑な仕組みになっています。中国語の学習をする上で漢字をどう読むかは大きな問題となりそうです。日本語にはひらがなとカタカナがあり文字を読むときはかなを基本とします。ただ中国語にはかなはなくすべて漢字で表現されています。さらに中国の漢字においては多くはそれぞれ一つの読み方しかありません。ですから日本語の漢字のように一つの漢字でたくさんの読み方を覚える必要はありません。その点では日本語を学習するよりも楽かもしれません。ただすべての漢字において読み方が一つになっているわけではなく、複数の読み方をするものもあります。

Page Top