前へ
次へ

中国語の学習で分からなくなったら全体像をみる

中国語は日本から近い国という事もあり、学生だけでなく社会人になってから学習を始めたという人も多いです。ですがなかなか習得するには難しく、日々勉強していてもあまり成果が得られないと感じる事もあります。そんな時は勉強している中国語の文法だったり単語だったりで覚えられない時は、一度基本に戻って全体像を確認するという方法がおすすめになります。文法でも単語でも小さく区切って学習してしまうと、実際にどういった場面で使うのかや何処に組み込むのかなどが分からなくなってしまいます。そのため、学んでいる箇所の全体を一度しっかり見渡す用にします。そうすることで実際に自分が今覚えようとしていることが何なのかを見失わずにすみます。そのため勉強をする際は小さくまとめて行うのが好きな人は、小さくまとめて学習しながらも途中で何度も全体を再確認するように見直すようにします。小さい単語などを無理やり頭に詰め込もうとしても覚えられない時は、一度単語ではなく文章をみるようにすると良いです。

Page Top